化粧品成分辞典(ア行)|基礎化粧品のマリスコ

marisco.jpgmarisco.jpg
美容のプロや同業者も愛用 「素肌に安心で安全なスキンケア」



 Last Update  2018-09-10

アルギン酸Na

コンブ、ワカメなどの褐藻類に含まれる多糖類アルギン酸のナトリウム塩です。
アルギン酸はマンヌロン酸とグルロン酸が多数結合した多糖類ですが、 そのままでは水に溶けず、ナトリウム塩は水によく溶けます。水溶液は粘性があります。粘性があるので乳化製品やファンデーションなどの安定性を高めるために使われています。その他、感触の改良や保温性保護膜を作るためにも使われています。 食品では安定剤、増粘剤、練り物などの結合剤として非常に多く使われています。

アルテアエキス

アオイ科植物「ビロウドアオイ」の根または葉から抽出したエキスです。
粘液質を多く含んでいて、その主成分はペントザン、グラクタンなどの多糖類です。 保湿効果が非常に高く、肌の保護をする化粧品に広く使われています。その他、マイルドな引き締め効果もありますので肌のキメを整える収れん化粧水にも使われています。

アルニカエキス

キ ク科植物オウレンの根茎から抽出したエキスです。成分としては、フラボン、タンニン、トリテルペンなどを含んでいます。 消炎効果、鎮静効果、血行促進効果があり、肌荒れやニキビなどの肌トラブルを防ぐ目的の製品に適しています。また、マッサージ料などにも使われます。

アロエベラエキスー1

ユリ科のアロエ属植物で、日本ではキダチアロエが、民間薬として火傷や切り傷などに使用されています。皮膚の創傷治癒効果やメラニンの生成を抑える効果があり、広く化粧品に活用されます。

アンズ果汁

アプリコットの果実から得られた果汁で、保湿効果があります。

エタノール

無色透明の揮発性の液体です。
穀類などのデンプンを発酵させて作ったり、科学的の合成して作られています。 働きとしてはどちらも同じです。化粧品に用いられるアルコールは苦や香りをつけて飲料にならないように加工してあります。殺菌作用、清涼作用の目的でヘアトニック、デオドラント商品に使われています。 また、肌の引き締め作用、様々の成分の溶解を助ける作用、防腐作用があるので化粧水を中心に幅広く使われています。

エチドロン酸4Na

金属イオン封鎖剤で、鉱物から得られ、化粧品原料の酸化や変臭、変色の原因となる金属イオンを封鎖する働きがあります。

オウゴンエキス

シ ソ科植物の「コガネバナ」の根から抽出されたエキスです。成分的にはフラボノイド、ステロイド類、バイカリン等を含んでいます。 肌荒れを防ぎ、水分保持力の強い肌に整えます。生薬としては胆汁の分泌を促したり、浮腫を抑えたり、様々な炎症を鎮める働きがあるので、多くの漢方薬に配合されています。

オタネニンジンエキス

(和漢植物)滋養強壮、健胃薬として使用されるオタネニンジンエキスから抽出されたエキスで、新陳代謝促進作用、血行促進作用があり、肌荒れ、小じわ、ニキビを防ぐ働きがあります。

アルギン酸Na

コンブ、ワカメなどの褐藻類に含まれる多糖類アルギン酸のナトリウム塩です。
アルギン酸はマンヌロン酸とグルロン酸が多数結合した多糖類ですが、 そのままでは水に溶けず、ナトリウム塩は水によく溶けます。水溶液は粘性があります。粘性があるので乳化製品やファンデーションなどの安定性を高めるために使われています。その他、感触の改良や保温性保護膜を作るためにも使われています。 食品では安定剤、増粘剤、練り物などの結合剤として非常に多く使われています。

アルテアエキス

アオイ科植物「ビロウドアオイ」の根または葉から抽出したエキスです。
粘液質を多く含んでいて、その主成分はペントザン、グラクタンなどの多糖類です。 保湿効果が非常に高く、肌の保護をする化粧品に広く使われています。その他、マイルドな引き締め効果もありますので肌のキメを整える収れん化粧水にも使われています。

アルニカエキス

キ ク科植物オウレンの根茎から抽出したエキスです。成分としては、フラボン、タンニン、トリテルペンなどを含んでいます。 消炎効果、鎮静効果、血行促進効果があり、肌荒れやニキビなどの肌トラブルを防ぐ目的の製品に適しています。また、マッサージ料などにも使われます。

アロエベラエキスー1

ユリ科のアロエ属植物で、日本ではキダチアロエが、民間薬として火傷や切り傷などに使用されています。皮膚の創傷治癒効果やメラニンの生成を抑える効果があり、広く化粧品に活用されます。

アンズ果汁

アプリコットの果実から得られた果汁で、保湿効果があります。

エタノール

無色透明の揮発性の液体です。
穀類などのデンプンを発酵させて作ったり、科学的の合成して作られています。 働きとしてはどちらも同じです。化粧品に用いられるアルコールは苦や香りをつけて飲料にならないように加工してあります。殺菌作用、清涼作用の目的でヘアトニック、デオドラント商品に使われています。 また、肌の引き締め作用、様々の成分の溶解を助ける作用、防腐作用があるので化粧水を中心に幅広く使われています。

エチドロン酸4Na

金属イオン封鎖剤で、鉱物から得られ、化粧品原料の酸化や変臭、変色の原因となる金属イオンを封鎖する働きがあります。

オウゴンエキス

シソ科植物の「コガネバナ」の根から抽出されたエキスです。成分的にはフラボノイド、ステロイド類、バイカリン等を含んでいます。 肌荒れを防ぎ、水分保持力の強い肌に整えます。生薬としては胆汁の分泌を促したり、浮腫を抑えたり、様々な炎症を鎮める働きがあるので、多くの漢方薬に配合されています。

オタネニンジンエキス

(和漢植物)滋養強壮、健胃薬として使用されるオタネニンジンエキスから抽出されたエキスで、新陳代謝促進作用、血行促進作用があり、肌荒れ、小じわ、ニキビを防ぐ働きがあります。



【化粧品成分辞典メニュー】

ア行

アルギン酸Na
アルテアエキス
アルニカエキス
アロエベラエキス-1
アンズ果汁
エタノール
エチドロン酸4Na
オウゴンエキス
オタネニンジンエキス

カ行

海塩
加水分解コラーゲン
カッコンエキス
褐藻エキス
カラメル
甘草エキス
クエン酸

グリセリン
グリセリン酸脂肪エステル
グリチルリチン酸2K
クルミ殻粒
クロレラエキス
ケープアロエエキス
硬化油
酵母エキス
香料(天然水溶性)

サ行

シコンエキス
シナノキエキス
植物性スクワラン
水酸化Na
水酸化K
水溶性コラーゲン
ステアリン酸

タ行

ダイズエキス
チョウジエキス
トウキエキス
トレハロース

ハ行

パルチミン酸Na
ヒアルロン酸
フェノキシエタノール
ベニバナエキス
紅藻エキス
べべニルアルコール
ホエイ
ボタンエキス
ホホバ油

マ行

マルチトー
ルミスチリン酸
モノラウリン酸ポリグリセリル
モモ葉エキス

ヤ行

ユーカリエキス
葉緑素
ヨクイニンエキス

ラ行

ラクトフェリン
緑藻エキス
ローズ水

素肌に優しいスキンケアを求めて
「基礎化粧品のマリスコ」

rezero.gif

【リ・ゼロ シリーズ】
24種類の美容原液シリーズ

▼プラセンタ美容液

▼コラーゲン美容液

▼ヒアルロン酸美容液

▼セラミド美容液

▼エラスチン+ケラチン美容液

▼プロフェッショナル美容液

▼美容洗顔石鹸

▼植物果実の濃縮綺麗水